読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あにめあん出張所

あにめあん出張所

終末のイゼッタ第2話『傷跡と、銃声と』感想

終末のイゼッタ第2話『傷跡と、銃声と』の感想です。

第2話も期待以上で、TVアニメなのに映画を見ているかのようでした。

イゼッタは、第二次世界大戦レベルの兵器に、どのような魔法で対するのかという点にも興味があったのですが、第2話でその一端が見られました。

雪原に自分の血を垂らし、

「おいで」

と一言呼びかけるイゼッタ。すると雪原から氷の矢が放たれ、フィーネとイゼッタを銃撃していた戦闘機が撃墜される。

この魔法は、カッコイイし、設定的にもいいなと思いました。理にかなわないからこそ魔法だとは思いますが、ただ、それだからこそ何でもありだと、物語も何でもありになってしまうと思うので、自分の血を使うとか、何らかの制限がかかりそうな設定はいいなと思いました。

次のフィーネとイゼッタの会話でも、イゼッタの魔法がどのようなものなのかが少し分かります。

「しかし…、魔女の力はみだりに使ってはならぬと…」
「大切なものを守るためなら、おばあちゃんも許してくれると思います」
「すまぬ」
「おばあちゃん、ごめんなさい。言いつけ、破ります」

ところで、アニメでは、こうした主人公が持つ魔法のような強力な力について、自らの欲望のために力を使うのは悪く、大切なものを守るためならば許されるといった話の流れが割りと良くあるとは思いますが、現実を振り返ると考え込まざるを得ないところがあります。

特に、イゼッタの時代設定は、第二次世界大戦。ドイツが先に核兵器を開発することを恐れたアメリカが、その科学力、工業力を総動員して、まだ可能性の存在でしかなった核兵器を短日日の内に生み出した時代です。やはり、守るためだからと言って、何もかもが許されるわけではないと思います。

終末のイゼッタ、これからイゼッタで、核兵器に相当するような兵器やアメリカに相当するような国が登場するのかも興味があります。

また、まだ始まったばかりなのに気が早いですが、ラストがどうまとめらるかのかも非常に興味があります。

さて、次回第3話は『天駆ける剣』ということなので、この第2話でも垣間見られましたが、いよいよイゼッタの活躍が本格的に見られるのではないでしょうか。

次回も楽しみです。

第1話の感想はこちら